ワンたちのこと日常の出来事の忘備録。 日記に関係ない書き込みはご遠慮くださいね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう
2009年09月29日 (火) | 編集 |
9月26日 午後8時30分

あぐりさんが虹の橋を渡って行きました

午前中病院へ行って腹水を抜いてもらいました
楽になるかと思いきや
家に帰ってから起き上がらず
庭でずっと横になっていた

夕方
散歩に行こうと誘っても動こうとしない
おやつを見せても無視
庭にほっとくのもかわいそうなのでたっくんと家の中へ入れてやった
水を注射器でやろうと思ったが飲まない
それでもおかしいので病院へ電話した(16:58)
院長先生も何もできないのでそのまま様子を見ましょうと

だんだん息が荒くなってきて口をあけて息をするようになった(17:40)
そのあと足がピクピクけいれん(?)みたいに動く
首を持ち上げようとする
よだれがひどい

夕食の準備があるのでその場を離れた
その後は呼びかけにも反応せず
料理も終わりちょっと休憩した時呼びかけると目の輝きが変わった(19:30頃)
が、少しするとまた無表情になる
実家のじいさんと妹が夕食も兼ねてお見舞いに来てくれた
じいさんが呼びかけるとちょっとバタバタして反応した
大好きなじいさんに呼びかけられてうれしかったのか?!
食事をしている最中、あまりにも頭をのけぞらしているので直してやってるとき妹が「息してないよ」と
あわてて名前を読んだらかすかに息をし始め鼓動してなかった心臓が鼓動しだした
けれど、5分くらい心臓の鼓動を感じていたが自然に動かなくなっていた


午後8時30分 家族全員に看取られて逝ってしまった


前日までなんとか歩き寝たきりにならず手のかからない娘でした
朝ごはんも食いつきは悪かったけれど食べてくれた
バナナも食べた
病院から帰る時おやつのチーズを食べた
水も飲んだ
あれが全部最後だったのかしら


あぐりさんが我が家に来た時、初めてあぐりさんを見た妹が「置物?」と言った
今日も最後に「横になった置物」と妹が言った
ほんとにおとなしい子だった
菜々子さんたちを生んだ時、おとなしいあぐりを見て子供たちは貰われて行ったけれど
その子供たちはみんなハイパーな父親似だった


9月27日
あぐりさんを火葬にする
係りの人が来るまでにあぐりを入れた段ボールの箱を抱いた
最後はやっぱり悲しかった
別れたくなかった
帰る途中当分涙が止まらなかった


帰ってから旦那はあぐりさんの写真を取り出してポートレートを作成していた

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。