ワンたちのこと日常の出来事の忘備録。 日記に関係ない書き込みはご遠慮くださいね
瑠可練122
2011年02月02日 (水) | 編集 |
お庭に一人放牧され寂しかった瑠可ぽんでし

練友はMDXルイ

今日もスタートの矯正
コースにスラローム(ガード付き)とタッチ障害あり
しかし、スタートがうまくいかない
私の思い通りに行かない
何回もやり直していると泣けてくる
瑠可ってこんなに物覚えが悪いのかしら
なんて思ってるとまた涙が出てくる

1走目2走目はあまり楽しくなかった
3走目の検分の時せんせーが瑠可を調教
せんせーがハンドリングをしようとするとしない、それよりせんせーから逃げる
誰でもハンドリングできるようにしないといけないらしい
もう少し褒め方と叱り方のタイミングあとはスタート時のタイミングをどうしたらいいのか

せんせーが今はスタートの待たせる時間を短く、だんだん長くしていけばいいと

なんだかちょっと気が楽になった
終わった後ルイ母さんが「楽しそうにしていたよ」と言ってくれた
そうかな

「何年もしているベテランなのだから出来るでしょ」
なんて言われたけれど
「そう言われてもね、瑠可って違うのよ


まあ、また気持ちを入れ替えて次のレッスンに行こう
スポンサーサイト